レーシック手術の技術は年々進化している

 
昨今話題の視力回復手術として、レーシック手術というものがあります。レーシック手術とは、目の角膜を切開して屈折率を矯正し、網膜に正しく像が結ばれるようにする手術のことです。眼精疲労が原因でない、屈折率が原因の低視力を根本から解決するため、高い効果を発揮することができる手術法としても知られています。

レーシック手術は、目の角膜を切開するということで、恐怖心をもっているという方もいるようですが、現在のレーシック手術はかなり進化しており、失敗例の少ない手術の一つとして知られています。また、今なおその進化は続いており、特に症例が増えている日本では毎年多くの新技術、新手術法が編み出されています。

レーシックの誕生から現在まで


史上初めて行われたレーシック手術は、メスなどの医療器具を使って角膜を切開し、処術されました。この一番最初の症例でも視力回復効果は確認されたのですが、しばらくして視覚障害が発生するなどの問題がありました。その後も複数の症例があったものの、効果はみられたものの術後の視覚障害が出てしまうものばかりでした。

レーシック手術の安全性が確立されたのは、ここ十数年のことです。安全性が確立された要因としては、高性能な切開機器と屈折率矯正機器の開発があります。過去のレーシックの元となった手術は、精密機器を使わない手術でしたから、どんなに凄腕の医師が行っても角膜を傷つけてしまいました。

現在のレーシックでは、角膜の切開はマイクロケラトームやイントラレースによる切開に切り替わり、切開面のブレが減少しています。角膜切開後の矯正も、コンピュータ制御されたレーザーによって処術されるので、人の手では再現不可能な正確性を発揮しています。これらの技術の発達により、現在のレーシック手術は安全性や費用対効果が格段に向上しました。今後はほとんどの工程がコンピュータ化され、機器も高性能化が続くとみられているため、手術によるトラブルは減っていくと考えられています。

■PS.スポーツ選手には術後にフラップが剥がれ落ちるエピレーシックがおすすめです。エピレーシックについては以下のサイトを参照下さい。

エピレーシックまるわかり - 費用、痛み、失敗例まで詳しく解説!