角膜クロスリンキングについて

 
神戸神奈川アイクリニックなどで行われている角膜強化手術に、「角膜クロスリンキング」という手術があります。まだあまり知られていない手術ですが、レーシック関連の手術としてはかなり画期的な手術とされています。

角膜クロスリンキングとは、角膜強度を向上させる手術法です。レーシック手術は角膜の厚みやに問題が無くても、角膜強度に問題があると手術が受けられません。角膜クロスリンキングは、足りない強度を手術によって補強し、レーシック手術を可能にし、術後の安全性を高める手術として用いられています。

なぜ角膜が弱いとレーシック手術が受けられないのか


レーシック手術は角膜を削る手術のため、角膜が弱い方は手術が受けられないという欠点があり、角膜強度を理由にレーシックを断念したという方も少なくありません。どうして角膜強度が低いとレーシック手術が受けられないかというと、レーシック手術後に眼圧で角膜が外に向けて突出してしまうためです。この症状は、角膜拡張症や円錐角膜と呼ばれ、症状が進行した後の対処が難しいという特徴があります。角膜クロスリンキングは、症状が進む前に角膜強度を向上させ、眼圧によって角膜が変形するのを予防することを目的に行われる手術となります。

角膜クロスリンキングの手術内容


角膜クロスリンキング手術は、処置する目にビタミンB2を点眼し、その後紫外線を30分照射、最後に保護コンタクトを着用して完了します。これにより角膜のコラーゲン繊維を強化し、眼圧に対して角膜に抵抗力を持たせることが出来ます。施術時間は両目で1〜2時間で全行程完了となります。

角膜が健康でも手術を受けられる?


角膜に異常はないけど、レーシック後の安全のためにクロスリンキングを受けたいという方もいるようですが、お勧めできません。クロスリンキング手術は健康な角膜に対する安全性が確立されておらず、クリニックの方からも控えるよう呼びかけられていることも多いです。どうしてもという際には、クリニックの担当医師とよく相談し、可否について判断してもらいましょう。
 

神戸神奈川アイクリニックの最新レーシック手術記事一覧

プレミアムアイレーシック

神戸神奈川アイクリニックから提供されている最新レーシック手術に、「プレミアムアイレーシック」というものがあります。プレミアムアイレーシックは、手術後の見え方と手術の質に重点を置いた...

iFS イントラレーシック

神戸神奈川アイクリニックの基本的なイントラレーシックに、「iFS イントラレーシック」があります。iFS イントラレーシックとは、プレミアムアイレーシックのワンランク下のレーシック...

角膜クロスリンキング

神戸神奈川アイクリニックなどで行われている角膜強化手術に、「角膜クロスリンキング」という手術があります。まだあまり知られていない手術ですが、レーシック関連の手術としてはかなり画期的...