プラチナLASEKについて

 
従来のレーシック手術では、年齢以外の理由で手術が受けられないという方が少なくありませんでした。その一例としては、眼球形状によるものがあります。眼球の形状は個人ごとに微妙に違い、中には他よりも大きな歪みを持つ方もいます。眼球の形状が平均的なものよりも歪んでいたりすると、手術の安全性が確保できないために手術ができませんでした。

また、角膜が薄い方も、通常はレーシック手術は勧められません。角膜が薄いということは、一度手術が出来ても再手術する分の角膜が残らないので、安全面に疑問が残ります。また、人によってはそもそもレーシック手術が受けられないほど角膜が薄いという方もいます。

そんな方々でも手術を受けられるレーシックとして話題を呼んでいるのが、LASEK(ラゼック)というレーシック手術です。SBC新宿近視クリニックでは「プラチナLASEK」という商品名で提供されているこの手術法は、フラップ作成時に特殊な薬品を使うことでフラップを作るので、マイクロケラトームやイントラレースよりも薄いフラップを作ることが可能となっています。このフラップは、角膜上皮層よりも上に形成されるので、手術後には自然に消滅してしまい、角膜表面は手術前と変化が無くなります。

フラップ作成後に照射されるレーザーも、患者の眼球に併せて2種類のエキシマレーザーから選択して使用されます。上皮層の上からレーザーで角膜を調整するので、角膜が足りないという危険もありません。手術後には数日間保護コンタクトを使用し、視力の安定には1週間前後かかり、定期検査で異常がなければ晴れて手術成功となります。

スポーツを行う方にもおすすめ


LASEK手術ではフラップがずれにくくなるので、激しい運度を行う方にもおすすめの手術法となります。フラップが安定するまで過度な運動は厳禁ですが、フラップが安定してしまえば激しい運動に対して高い耐久性を発揮します。一応、激しい運動を行う方は事前に医師に伝え、手術後の生活についてよく相談しておきましょう。
 

SBC新宿近視クリニックの最新レーシック手術記事一覧

アイデザインレーシック

SBC新宿近視クリニックから提供される高品質なレーシック手術に、「アイデザインレーシック」というものがあります。人の目というのは、完全な球体ではなく個人ごとに違ったゆがんだ形をして...

イントラレーシックplus

イントラレースを使ったレーシックであるイントラレーシックは、多くの眼科で行われていますが、SBC新宿近視クリニックでは「イントラレーシックplus」というレーシック手術が行われてい...

プラチナLASEK

従来のレーシック手術では、年齢以外の理由で手術が受けられないという方が少なくありませんでした。その一例としては、眼球形状によるものがあります。眼球の形状は個人ごとに微妙に違い、中に...