プラチナレーシックについて

 
品川近視クリニックで行われているレーシック手術の一つに、「プラチナレーシック」があります。このプラチナレーシックとは、マイクロケラトームという眼球用カンナとエキシマレーザーを使う、オーソドックスなタイプのレーシック手術になります。基礎的なレーシック手術ですので、術法自体の信頼性が高い手術となります。
プラチナレーシックの手術内容は、次の通りです。

1 眼球に麻酔
手術前に、眼球に対して麻酔を行います。この麻酔は点眼薬タイプのものを使いますので、目に麻酔するという恐怖感が少なく済みます。

2 マイクロケラトームでフラップを作成する
麻酔が効いたら、マイクロケラトームで眼球を固定し、角膜の表面を切開します。角膜を一部を繋げたまま円形に切除することでフラップ(蓋)を作り、次の手順に進みます。

3 エキシマレーザーで角膜を矯正
角膜に対してエキシマレーザーを照射し、屈折率を矯正します。

4 フラップをかぶせ、消毒
レーザー照射が終わったら、フラップを元通りに被せます。フラップを元に戻したら、感染症予防のために点眼薬で消毒します。

手術後について


レーシックは手術を受けてそれで終わりではありません。レーシック手術後には、医師の指示のもと数週間安静にしておきます。また、経過観察として術後数回通院することになります。品川近視クリニックでは、術後の保障期間は1年間となっています。

プラチナレーシックのメリット


プラチナレーシックのメリットは、何と言っても手術費用が安価であることに集約されます。レーシック手術が普及し、価格が下がりつつあるとはいえ、まだまだそれなりの費用が必要となってしまいます。最新機器を使ったレーシック手術も出てきているので、レーシック手術の平均費用はいまだに高価なものとなっています。プラチナレーシックなら、平均的なレーシック手術よりも費用を抑えられるので、金銭的な問題でレーシックを断念している方でも手術を行いやすいです。手術方法も以前から用いられている方法ですので、信頼性にも劣りません。
 

品川近視クリニックの最新レーシック手術記事一覧

Zレーシック

品川近視クリニックの最新レーシック手術の一つに、「Zレーシック」というものがあります。通常のレーシック手術では、角膜のを切開する際にはマイクロケラトームやイントラレースを使って、事...

プラチナレーシック

品川近視クリニックで行われているレーシック手術の一つに、「プラチナレーシック」があります。このプラチナレーシックとは、マイクロケラトームという眼球用カンナとエキシマレーザーを使う、...

レーシックカメラ

品川近視クリニックが行っているレーシック手術の一つに「レーシックカメラ」というものがあります。レーシックカメラとは、角膜の間に小さなコンタクトレンズのようなカメラインレーを挿入し、...