Zレーシックについて

 
品川近視クリニックの最新レーシック手術の一つに、「Zレーシック」というものがあります。通常のレーシック手術では、角膜のを切開する際にはマイクロケラトームやイントラレースを使って、事前に確認した角膜部分を切開していきます。しかし、この方法では手術時に微妙なズレが生じてしまいます。この切開面の微妙なズレが、手術後の視界のぼやけ、ハロやグレア、スターバースト現象を引き起こすとされています。

Zレーシックでは、角膜切開時にトップビューカメラを搭載した「フェムトLDV」という機器を使用しています。トップビューカメラの搭載により、角膜切開時に角膜の位置を確認できるため、より正確なレーシック手術が行えます。また、フェムトLDVから照射される「フェムトセカンドレーザー」は、イントラレースよりもさらに刺激が少ないレーザーで、目や角膜に余計なダメージを与えないという特徴があります。Zレーシックは、トップビューカメラの角膜確認と、フェムトセカンドレーザーの低刺激により、これまで問題視されていた術後のトラブルを減らすことが出来るのです。

アマリスZレーシック


Zレーシックの上位版の手術として、「アマリスZレーシック」があります。Zレーシックでは、角膜の切開は高い正確性をもって行えましたが、角膜の矯正は通常のエキシマレーザーを使った平均的なものでした。従来のエキシマレーザーの問題点として「余計な角膜まで削ってしまう」というものがありました。レーザー照射中にも患者の眼球は動くので、レーザー照射位置がずれてしまうのです。従来の機器にも、眼球の動きにある程度追従する機能はあるのですが、それにも限界がありました。

そこでアマリスZレーシックでは、「アマリス」という最新機器を使っています。アマリスは、手術中の眼球に対して高い追従性を発揮し、レーザー照射部のズレを最小限に抑えることが出来ます。また、使用されるエキシマレーザーも高性能であり、照射時間と目への負担の減少が可能となっています。これにより、アマリスZレーシックは手術の全工程において、高い正確性を持ったレーシック手術となっています。

品川近視クリニックの評判も参照のこと
 

品川近視クリニックの最新レーシック手術記事一覧

Zレーシック

品川近視クリニックの最新レーシック手術の一つに、「Zレーシック」というものがあります。通常のレーシック手術では、角膜のを切開する際にはマイクロケラトームやイントラレースを使って、事...

プラチナレーシック

品川近視クリニックで行われているレーシック手術の一つに、「プラチナレーシック」があります。このプラチナレーシックとは、マイクロケラトームという眼球用カンナとエキシマレーザーを使う、...

レーシックカメラ

品川近視クリニックが行っているレーシック手術の一つに「レーシックカメラ」というものがあります。レーシックカメラとは、角膜の間に小さなコンタクトレンズのようなカメラインレーを挿入し、...